Event is FINISHED

NPO法人理科カリキュラムを考える会 夏季シンポジウム2020

Description
シンポジウムの詳細はここをクリックしてPDFをダウンロードしてください。
 登校して授業を受けることが難しくなっている中、オンラインで教育活動を継続させるために様々な取り組みが行われています。その中で、「集団的な学習」という学校教育の意味をオンラインでどのように実現することができるのか、情報交換を行います。
科学的知識に基づいた判断と行動が、個人レベルから政策決定に至るまで求められています。答えのない課題に対して科学的な知識をどのように用いて判断し行動するのかという教育への取り組みを共有しましょう。
 これまでに取り組んできた「探究的な学習」にSTEM/STEAMの考え方を取り入れ、理論を理解するという学習で終わらず、それを多分野間で融合し、具体的な課題に対して応用するための理論と実践について学ぶ機会を作りました。
参考:「東京学芸大こども未来研究所STEM教育プロジェクト」http://stem.codomode.org/

主 催:NPO法人理科カリキュラムを考える会 http://www.rikakari.jp/  
内 容:STEM/STEAM教育の意義と実際/オンライン授業での集団的な学び等のノウハウ
対 象:小・中・高・大の理科教育に携わる方、教育ジャーナリスト、一般 定員200名
申し込み方法:右記のサイトからお申し込みください https://rikakari20200628.peatix.com/
    ※お申し込み時に、サイト内に参加費の支払い方法についてのご案内があります。
参加費:一般1000円 NPO法人理科カリキュラムを考える会会員 200円
    ※当日の参加方法のご案内等は、お申し込み時にご登録のメールアドレスにご連絡いたします。
    ※ZOOMミーティングに不慣れな方向けの事前企画も、前日に計画しています。
問合せ:理科カリキュラムを考える会事務局 小川慎二郎 rikakari.jimu(at)gmail.com

プログラム
13:00〜14:30 「オンライン授業における課題の交流-双方向性をどう実現するか?」
  門倉松雄(玉川大学・理科カリキュラムを考える会)他
・遠隔授業のノウハウ交流(ZOOM利用の中でのグループ討議の方法や安全性の確保、Googleフォームを利用した意見交換、双方向性を備えたオンデマンド授業など)を行います。
・ZOOMにおけるシンポジウムの進め方の調整を兼ねますので、是非13:00からご参加ください

14:45〜15:45話題提供 「世界のSTEM/STEAM教育の動向と日本の教育への導入」
  原口るみ・木村優里(東京学芸大こども未来研究所)他

16:00〜17:30 「STEM教育の事例紹介と意見交換」
  滝川洋二(理科カリキュラムを考える会)他

当日紹介する遠隔授業のノウハウや、STEM/STEAM教育の実践を、参加者の皆さんからも募集しています。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#637834 2020-06-26 06:43:24
More updates
Sun Jun 28, 2020
1:00 PM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加費 SOLD OUT ¥1,000
Organizer
NPO法人理科カリキュラムを考える会
71 Followers
Attendees
74

[PR] Recommended information